香典返し専門店 > カトリックの儀式

カトリックの儀式

キリスト教式のなかでもカトリックの葬式を出せるのは、生前に洗礼を受けた人に限ります。司祭が中心となって展開される厳かさ、荘厳さをもつ追悼ミサが特徴的となります

臨終を終えたら神父を呼び終油の秘跡の儀式を行う

カトリック信者が臨終を迎えたら、所属教会などの神父に来てもらい、「終油(しゅうゆ)の秘跡」という儀式を行います。
キリスト教では生きている者は誰しも罪深い者とされています。そのため現世における罪の赦しを請い、神の恩恵を受けるために祈りを捧げるのです。
神父は祈りと聖書朗読ののち、信者に手をかざし、額や手に聖油を塗り、パンを与えます。

日本のキリスト教信者の間では、自宅での「通夜式」が一般的

キリスト教では通夜に当たる儀式を行う伝統はありませんが、日本の信者の間では「通夜式」が行われることが多くなっています。
キリスト教式になじみのない一般会葬者のために、式次第や聖歌などが書かれた印刷物を配布すると親切でしょう。
多くは自宅を会場として行われます。小机に白か黒の布をかけた祭壇を設置し、十字架・ろうそく・遺影・生花を飾ります。供物は飾らず、聖書が備えられる場合もあります。

神父の祈りと説教の儀式で神の御許へと召されていく

カトリックの葬儀は、追悼ミサとも呼ばれる荘厳な印象の儀式で、多くは教会で行われます。
続いて神父たちによる開会宣言ののち、ミサ聖祭に入ります。死者が神のもとで永遠の安息を得られたことを祈り行われる儀式です。
「感謝の典礼」に段では、祭壇にパンとぶどう酒が奉納されます。最後に参列者が聖歌を合唱するなか、神父が棺に聖水を注ぐ赦祷式(しゃくとうしき)で締められることになります。
ここまでは司祭としての神父がとりしきりますが、続く告別式は遺族が中心となって進行の次第を決めます。
キリスト教では葬儀後すぐに遺体を埋葬するのが決まりです。ただし、日本のように火葬する場合には、遺骨をいったん自宅に安置し、七日目、あるいは一ヵ月後に埋葬式を行うことが多くなっています。ここでも神父による祈祷は不可欠となります。

 追悼ミサに最適なカタログギフト 20%割引

  1. あなたは予算にあったコースと送る用途を選ぶだけでOK!
  2. 先様が、自分で好きなものを選べるので、喜ばれること間違いなし!
  3. 商品に、のし包装あいさつ状がセットされているので、マナー失敗しない。
  4. 先様へ直接送ってほしい場合は120円/冊(着日・時間指定不可)または540円(着日・時間指定可)で指定できます。
追悼ミサののし紙
カタログギフトに無料にてご希望ののし紙をおつけします。

追悼ミサ・記念式用のし紙
のし :紫銀(白黒)または黄白
表書き :偲び草
名前 :苗字

追悼ミサ用のご挨拶状
出産内祝用の挨拶状

法事お礼一般のご挨拶状 文面


ごあいさつ

この度格別の御厚志に預かり
誠に有り難く、厚く御礼申し上げます。
つきましては、ささやかではございますが、
心ばかりの品をお贈りさせていただきます。
どうぞお納め下さい。
簡単ではございますが、
まずは御礼かたがたご挨拶申し上げます。
                 敬具

法事お礼一般の挨拶状 拡大

追悼ミサ引き出物 人気商品

ブレッザ3100円コース
詳細情報を見る
品名:ブレッザ3100円コース
品番:EFS-B030
標準価格:3,348値引き
販売価格: 2,678
税込10,800円以上で送料無料となります。
個数

配送について | 返品・交換 | お問合せ | 0120-973-498

即日発送 送料について 奉書一覧 のし紙一覧 包装紙一覧
お買い物情報
ページトップへ