香典返し専門店 > 無宗教〜新しい埋葬の形〜

墓地への埋葬ではなく、散骨を希望する人も

葬儀についての考え方の変化に合わせて、埋葬、つまりお墓についての考え方にも変化が生まれてきています。小子化、核家族化によるお墓の承継者の問題もあれば、家に対する考え方の変化など、理由はさまざまですが、自然葬に対しての関心も高まっています。
自然葬では、遺灰(遺骨をこまかく砕いたもの)を海や山、川、湖などにまいて自然に返す散骨がよく知られていますが、遺骨を墓地である里山に埋葬し、石碑のかわりに樹木を植える樹木葬も注目されています。
散骨には、まったく葬儀を行わずに、遺骨の全部をまく場合と、一般的な葬儀を行い、遺骨の大部分は墓地におさめ、一部を散骨する場合があります。
全ての遺骨を散骨してしまうと、あとあと、遺族が故人をしのぶ場所(従来であれば、墓参りで故人をしのぶことができる)がなくなってしまうこともあります。散骨を希望する場合は、全部か一部かも考えておく必要があるでしょう。

墓地埋葬法と散骨

火葬や遺骨の墓地や納骨堂への埋葬について定めているのが、1948年(昭和23年)に定められた「墓地、埋葬等に関する法律」です。この法律では「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行ってはならない」と定められています。
したがって、遺骨を墓地以外のところに埋蔵するのは法にふれますが、遺灰をまく散骨については「節度をもってふさわしい場所で行うのであれば違法ではない」という解釈がとられています。

無宗教葬儀を行う

特定の宗教に則らない、その人らしい葬式を望むケースは確実に増えています。人の数だけライフスタイルや信条があるように、弔いの形もさまざまに生まれています

生前に周囲の理解を得て文書に残しておく

特定の宗教にこだわらず、自分らしい最後にしたいと望む向きは実際に増えてきています。
いろいろな形式がありますが、僧侶や神職、牧師などを招かない無宗教葬を行いたいときは、生前に周囲の理解を得、文書にして書き残しておくようにしましょう。通夜・葬儀の方法はもちろん、追悼儀礼についても「毎年の命日には関係者が会食をする」など希望を記しておくと、遺族や親族が混乱することもないでしょう。

「生前予約」と「生前契約」万全の態勢で望む

会場は自宅のほか、公民館やホテル、斎場などを利用して「お別れ会」「しのぶ会」といったパーティ形式で行われます。
実際に実行する場合、遺族にとっては企画が大変になります。本人が専門家に発注して好みのスタイルをプランニングする「生前予約」のシステムが便利です。
さらに法律に則った証書にしておく「生前契約」を採用すると、より強力な効力を発揮するでしょう。
具体的なプランニングの際には、内輪だけですませるのか、大勢の人に来てもらうかも明確にしておきましょう。
自由葬のなかには、伝統的な宗教の儀式を一部取り入れることもよく見られます。

無宗教葬儀引き出物 人気商品


即日発送 送料について 奉書一覧 のし紙一覧 包装紙一覧
お買い物情報
ページトップへ